夫婦で毎晩楽しむおつまみとアルコール

私達夫婦の一番の楽しみは毎日の晩酌です。
二人ともあまりお酒は強くない方なのですが、アルコールが入ると一日の疲れが吹き飛ぶように感じる為、おつまみと一緒に楽しんでいます。


私がいつも用意する定番のおつまみとして、いわゆる乾きものがあります。


サキイカは夫婦揃って大好きなので必ず用意しています。

また簡単につまめるアーモンドやカシューナッツ、ジャイアントコーンなどのナッツ類もほぼ毎回登場します。


最初の乾杯は先ずビールと決めているのですが、次に飲むアルコールの種類は季節によって変化します。

秋から冬にかけては焼酎のお湯割りがメインです。
この焼酎のお湯割りによく合うおつまみとして私が用意するのが、タジン鍋で蒸した野菜や豚肉です。

味付けはシンプルに塩と胡椒のみにしています。

ヘルシーでカロリーも控えめですし、材料を切ってタジン鍋に入れるだけというお手軽さも嬉しいおつまみです。

寒さが厳しかった日は湯豆腐をおつまみとして一杯やることもあります。

その際は大根おろしをたっぷりおろして入れたポン酢でいただくのが我が家流です。
冬から春にかけて赤ワインもよく飲みます。

ラーメン通販の情報探しをお手伝い致します。

その時のおつまみとして欠かせないのがチーズです。

私はややクセのあるブルーチーズ系を、主人はカマンベールやプロセスチーズなどを好んで選んでいます。

時々ポートワインやコニャックなどを飲むこともあるのですが、そんな時は必ずチョコレートも一緒に食べます。

ローヤルゼリーの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

甘いものがおつまみになり得ると教えてくれたのは他でもない主人なのでした。
春から夏にかけては焼酎の水割りやチューハイ、梅酒などを飲みます。

この時毎回のように食卓にのぼるおつまみは枝豆、冷奴、トマトとキュウリのサラダです。

枝豆やトマト、キュウリは我が家の家庭菜園で育てている為、夏場は食べ放題となります。

アルコールを飲むときはややもすると栄養が偏ってしまいがちですが、ヘルシーなおつまみをメインに健康的に飲みたいものです。
お酒を飲むのは好きです。

特に週末にゆっくりとワインを頂いたりするとストレスから解放されてくつろげる気がします。


大好きな映画のDVDもお酒のお供には素敵ですが、やはりおつまみが欠かせません。
飲むのがワインやカクテル、酎ハイなど甘目の物なので、ナッツやチョコレート、チーズなどと相性が良いです。

買ってきたおつまみと一緒に飲む事もあれば、料理をおつまみとして飲む事もあります。週末の買い物の際にはお酒のコーナーに寄る事も忘れません。その時にワインコーナーでワインに合う料理を考えます。

最近はワインごとにどんな料理が合うかを書いてある事も多いので、それを参考にメニューを悩みます。特にイベントや予定のない週末でも、ワインと料理やおつまみにあれこれと思いを巡らして家で飲むとそれだけで楽しいです。


今の時期はお酒を楽しむ機会が一段と増える時期です。

ローヤルゼリーの効果に関する情報が閲覧できます。

楽しいので心躍る時期ですが、一方で体型が気になってしまう時期でもあります。

ビジネス視点で旬野菜の定期宅配の検索がとっても楽になりました。

お酒を飲む機会を減らさずにいかに太らずに済むかに苦労します。

ゼロカロリーや低カロリーの種類のお酒を選ぶと共におつまみにも一工夫です。

アルコールは普段以上に食欲を増すという自覚があるので、食べ過ぎても差し支えなさそうな野菜を多めに付け合せます。
また次の日にお酒が残っているのも嫌なので、アルコール分解を助けてくれそうなおつまみにしたり空腹で飲まない事も心がけています。

あなたにオススメの十勝ドルチェ情報はすぐに役立ちます。

揚げ物と共にはとても惹かれますが、なるべく和食系を揃えます。

飲みすぎはいけません。

しかしアルコールは気分をリラックスさせてくれたり会話が弾むのを助けてくれます。


自分のペースを守りながらお酒を飲むのは大人の楽しみです。そしてお酒をおいしく頂く為におつまみの存在も大事です。悪酔いしないで済むのもおつまみのおかげです。
料理があまり得意でない私もお酒に合う物をと考える事で何かを作る原動力になっています。


これからも大人の楽しみを続ける為に適量を守って飲食したいです。

http://matome.naver.jp/odai/2138027954579305101
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO03831720Q6A620C1L83000/
http://okwave.jp/qa/q4610601.html